実績紹介 work

南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業

事業名南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業
施行者南小岩六丁目地区市街地再開発組合
所在地東京都江戸川区南小岩六丁目及び七丁目地内
地区面積約13,000㎡
延べ面積約88,857㎡
建物名称(未定)
権利変換方式地上権非設定型(都市再開発法 第111条)
総事業費約496億円
用途商業、業務、住宅、駐車場、公共駐輪場
竣工年月Ⅰ街区:2020年(予定)
Ⅱ街区:2022年(予定)
Ⅲ街区:2025年(予定)
事業の経緯・特徴

南小岩六丁目地区を含むJR小岩駅周辺は、明治32年の小岩駅開業以降、江戸川区を代表する商業地としてにぎわいと繁栄を誇るとともに、閑静で良質な住宅街が共存するコミュニティ豊かなまちを形成してきました。しかしながら、都市基盤が未整備のまま市街化した地域であることから、地区内には細街路や小規模な宅地が多く、防災性の向上や都市機能の更新が長年の課題となっています。このような状況を踏まえ、江戸川区では、平成21年に、JR小岩駅周辺地区まちづくり基本構想が策定されました。この基本構想では、「100年栄えるまちづくり」を目標とし、駅周辺の各地区において、市街地再開発事業等により、都市基盤の整備や、都市機能の更新を図ることが掲げられています。
 当地区においては、このまちづくり基本構想に基づき、密集市街地の解消及び安全・安心な市街地の形成に資するとともに、駅に隣接する地区として、まちのゲートにふさわしい拠点の形成を図り、都市計画道路等の整備とあわせて建物を共同化することにより、地区に相応しい土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることを目的としています。

一覧に戻る